SponsoredLink

自動車保険を比較して気づいた事


三井ダイレクト損保の自動車保険はインターネットでの申し込み割引が3,000円から4,000円
になり、よりお得になっています。また保険証券が手元に要らない方には、さらに500円割引が得られる
ようです。インターネットで申し込みしようと考えている方には、まずお勧めの会社です。


次にウェブクルー自動車保険ですが、無料で20社からの自動車保険の見積もりが一度にできて、
各社の保険料の一覧を見ることが出来るのが魅力です。


20社もの自動車保険と言えば、ほぼ私達が知ってる人気の保険会社が入ってるのではないかと思います。


全労災の自動車保険は、加入者本位のサービスに徹していて、貯蓄型商品を取り扱わない、スピード給付
である、など、保障一筋の姿勢は全労災の自動車保険ならではのものでしょう。


また時代の要請にも応える柔軟な対応の制度で、まじめな自動車保険会社であるという強い印象を受けます。


以上いくつかの自動車保険会社を見てきましたが、インターネットの普及によって、より安く、より
スピーディーに見積もり比較や申し込みが出来る様になった事が共通点として挙げられるでしょう。


保険会社のサービス競争も盛んで、各社ごとの特色もはっきりしてきているので、加入者はより
自分のニーズにマッチした保険会社を選べるようになりました。


私達もしっかりとした目で自動車保険を選ぶ事が大事ですね。

自動車保険の比較ランキング情報

自動車保険に現在加入しているあなたは、保険会社の乗り換えを今考えていませんか?


そんな時便利なのが自動車保険の比較ランキングサイトの利用です。


自動車保険ってドンドン進化してきているんですよね。沢山の自動車保険会社が競い合っていますから。


顧客獲得のために、保険料は勿論、いろんな新しいサービスを打ち出してよりお客様のニーズに
応えるような内容になってきています。


現在加入している自動車保険証券、車検証、免許証の3つがあれば見積もりが出来ますので
比較ランキングサイトでじっくり調べて見積もりされてはいかがでしょうか?


いろいろな自動車保険のタイプがあり、補償優先か安さ優先、リスク細分型など、ドライバーの
ニーズに細かく対応してきているので、自分にとって何がメリットなのかをよく見極めることです。


自動車保険の比較ランキングサイトは、会社の情報、保険商品などの紹介、各会社ならではの特色などが
わかりやすく見れるようになっているので、自動車保険の見積もりをする際は非常にスピーディーかつ
正確な判断には打ってつけの情報です。


また自動車保険の比較以外にも自動車保険に関するコラムなどもあり、保険に関する基礎的な知識も
学習できるようになっているので、定期的に見てみるのもいいかもしれません。


万が一の事故に備えて、自動車保険の比較ランキングサイトを利用してしっかりとした事故対応を
しておきたいものです。

自動車保険の等級制度

一般ドライバーの方はおそらく使用する自動車の総台数が9台以下の、いわゆるノンフリート契約
をしていると思われます。


そうした中での自動車保険の等級制度について、その重要性を述べてみたいと思います。


まず自動車保険の等級制度が変わることによって、保険料の割引率が決まってくるのですが、
一等級から20等級まであり、6等級からスタートすることになります。


自動車保険の等級制度の仕組みとして、毎年1等級ずつ上がっていって割引率もあがっていきます。


しかし1回事故を起こしたら、一気に3等級下がってしまいますので、またそこからのスタートと
なります。保険会社によって異なることもありますが、無事故の優秀なドライバーは10年もたてば
最高割引率の60パーセントに達し、16等級になりますが、20等級までは同じ割引率のままです。


これはどういう意味を持つのでしょう?


もし16等級どまりだと、どんなに長年無事故を続けたとしていても、一度の事故で13等級に下がって
しまい、保険料の割引率が下がってしまうのは、ある意味不公平だと思うからです。そこでそういう
ドライバーに対しては優遇しようという考え方でこの様な制度になっているのです。


なるほどそういうことなら納得ですね。


また11等級までになっているドライバーがもし2台目の自家用車を購入した場合、7等級から
スタートすることが出来、割引率は条件によって細かく決められています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。