SponsoredLink

自動車保険の等級制度

一般ドライバーの方はおそらく使用する自動車の総台数が9台以下の、いわゆるノンフリート契約
をしていると思われます。


そうした中での自動車保険の等級制度について、その重要性を述べてみたいと思います。


まず自動車保険の等級制度が変わることによって、保険料の割引率が決まってくるのですが、
一等級から20等級まであり、6等級からスタートすることになります。


自動車保険の等級制度の仕組みとして、毎年1等級ずつ上がっていって割引率もあがっていきます。


しかし1回事故を起こしたら、一気に3等級下がってしまいますので、またそこからのスタートと
なります。保険会社によって異なることもありますが、無事故の優秀なドライバーは10年もたてば
最高割引率の60パーセントに達し、16等級になりますが、20等級までは同じ割引率のままです。


これはどういう意味を持つのでしょう?


もし16等級どまりだと、どんなに長年無事故を続けたとしていても、一度の事故で13等級に下がって
しまい、保険料の割引率が下がってしまうのは、ある意味不公平だと思うからです。そこでそういう
ドライバーに対しては優遇しようという考え方でこの様な制度になっているのです。


なるほどそういうことなら納得ですね。


また11等級までになっているドライバーがもし2台目の自家用車を購入した場合、7等級から
スタートすることが出来、割引率は条件によって細かく決められています。
この記事へのコメント
自家用車の任意保険について質問です。2台目が7等級からスタートしてお得なことがわかりました。2台目が事故を起こした時1台目の等級にひびきますか。また人身傷害のメリットがよくわかりません。搭乗者に入っていれば同乗者の大抵のケガに対応できると思うのですが。自分のケガは自動車保険でなくても一般の傷害保険が使えます。
それで人傷には入らず搭乗者しか入っていません。ここで任意保険書換の時期なので人傷の見積が来ています。人傷は保険会社の謀略では・・・
Posted by 田島 せつ子 at 2008年03月10日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。